FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若年層の負担大!がん家系ならば早期がん保険加入がお得」

がん保険
04 /04 2017
1.【若年層の負担大!がん治療の約45%が長期治療になる】

若い層では、がん治療が長期になる割合はより高くなります。

抗がん剤治療や放射線治療だけでも家計が圧迫されるのです。

大黒柱であるご主人様ががんになり治療が長期になった世帯では、ほぼ例外なく世帯収入が減少します。

また放射線治療なども交えると、これより高額になるケースも少なくありません。

「ご主人または自分ががんになって抗がん剤治療や放射線治療が必要になった時に、今までの収入を維持できるか?」を真剣に考えてみましょう。

がんになって、家族が経済的に困窮してしまう状況に陥るのは、がんが一回の手術や入院だけで完治せず、治療が長引いた場合です。

具体的に言うと、抗がん剤治療や、放射線治療で、何度も通院しなければいけなくなった時です。

まず、抗がん剤治療や放射線治療は、かなりの額が必要になります。これにプラスして電車やタクシーなどの通院代がかかります。

また、そのような治療が必要な段階になった時、多くの方が、仕事も今までのようにはできなくなってしまいます。

治療をしながら続けられる仕事をするために転職したり、元の会社で続けられる場合でも勤務時間が減るので減給は避けられません。

つまり、収入が減るにもかかわらず、毎月、今まで以上のお金がかかるようになるのです。

そんな時、がん保険によってせめて治療費だけでもまかなえると心理的負担が全く違ってきます。

がん家系なら若いときからがん保険について考えてみましょう。



2.【若くてもがん保険に入っている人の場合】

例えば、がん保険の抗がん剤給付金に加入していれば、抗がん剤治療を行った月に、月額最低10万円の給付を受けることができます。

収入の減少分までは届かないですが、それでもがんの治療費分だけは保険でまかなえるので、家計の安心感が全く違います。

がん診断給付金100万円と、抗がん剤治療と放射線治療を行った時に、それぞれ月10万円ずつの保障があるがん保険でも、30歳の場合で、毎月2千円台の保険料で加入することができます。

がんと診断された時の手術代は、一時給付金でまかなうことができます。

また、そのあと抗がん剤治療や放射線治療が必要になったら、後者2つの保障でまかなうことができます。

また、後者2つの治療が必要になり、仕事が今までどおり続けられなくなったとしても一時給付金の残りを、家賃の安い家に引っ越したりなど、治療のための環境を整えるために使うことができます。

がん家系なら、若いときこそがん保険について考えるべきなのです。


3.【がん家系なら、がん保険加入は何歳からが妥当か?】

女性の方が30代までにガンになる確率が高いので、早めの加入を検討する必要があります。

女の厄年である19歳をがん保険加入の1つのタイミングにしてもいいのではないでしょう。

男性の場合は、年齢に応じて罹患率が上がっていく傾向にあるので、社会人になった時に検討するとよいと思います。

がん家系の方は特にがん保険だけは、加入を先延ばしにしないことを強く進めます。

がんになってしまった時には遅いのですから。

また自分を扶養してくれる家族への負担をかけたくなく、逆に扶養すべき家族がいる場合は、若ければ若いほどいいです。

教育費や住宅ローンなど、そうでなくともお金のかかるライフイベントがある場合には必要性が高いです。

自分以外の家族がいる時に万が一がんにかかり、収入減と治療費等の出費増が重なると、家族の生活や子どもの進学に影響します。

せっかくのマイホームを手放したりしなくてはならなくなるため、可能性が高くないとはいえ、備えはしっかり考えておきたいです。

がんに罹患した場合、若いほど根治までの家計負担が深刻になります。

がん保険の場合、若いほど極端に保険料が割安なので、治療費のためというより、一定の就業不能補償の上乗せとしても機能します。

もっとも、若いほど将来のがん治療に対する医療技術の進展に対し、保障内容の陳腐化も大きくなります。

いつでも乗り換えられるように、がん保険は定期保険タイプか、終身保障終身保険料払込タイプが無難であると考えます。

「自分はがん家系だから将来が心配」「自分はがんにかかるのか」「かかるとしたらいつなのか」これだけは誰にもわかりません。

しかし備えあれば憂いなしという言葉があるとおり、がん保険は単なる気休めではありません。

いざというときの経済的カバーをしてくれるものなのです。

特に女性は乳がんなどは30代から増え始めます。がん家系であるならば、早めに検討するのがよいでしょう。


【まとめ】

普通の病気であれば、家族が経済的に困窮する事態になることはないからです。

しかし、がんの場合は、それが起こりえます。

そして、そのようなことが起きても、家族を守れる一つの手段ががん保険なのです。

がん保険は一度がんになってしまうと入れません。

そうなってから後悔される方が非常に多いのです。

がん家系なら、若いときこそ、がん保険加入について、一度考えてみてください。

是非、真剣に、あなた自身でがん保険の必要性を考えてみていただければと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

保険のおしごとをするママの声 そのおきゃくさまの声

ほけんのおしごとで生計をたてているシングルマザー 35歳 園児一人をかかえる ぼろアパートくらしからの脱出をゆめみて保険業界へ 収入はすこしずつ上昇中 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。