FC2ブログ

「働き盛りの若い夫婦こそ考える必要がある、価値のある生命保険」

かけいを守る保険
04 /04 2017
「働き盛りの若い夫婦こそ考える必要がある、価値のある生命保険」


私は27歳の主婦です。同い年の夫と二人暮らしです。今年で結婚2年目を迎えました。

彼は長男なので、そろそろ子供も欲しいね、と話しているところです。

つい最近、親友の結婚式に参列することになり、私は2年前に結婚したばかりの嬉しい気持ちを思い出しました。

部屋にその頃買った結婚情報誌がまだ家にあったので、何気なく見ていました。

そこには、結婚してからの家計のやりくりについての特集ページがありました。

私は基本的に計画性がなく、好きなものを買うのが大好きなので、独身時代から浪費家でした。

そんな浪費癖がある私なので、結婚してからは、自分なりに、無駄な出費を気をつけていました。

しかし結婚して2年経ちましたが、いまだに毎年旅行へ行ったり、美容にお金を使ったりして、あまり貯金が出来ていないことに気が付きました。

結婚してからは、住宅ローン、車のローンさえ、払えれば、あとは好きな美容に使ったりしていますが、これから子供ができたら、そうは行きません。教育費、医療費、保険、レジャー費など、かなりのまとまったお金をやりくりしなくてはいけないことを知りました。

我が家の世帯主は主人だけです。私は趣味でハンドメイドのバックをオンラインショップで販売していますが、売上は5〜6万円程度です。

もしこれから子供ができたから、子供の教育費と住宅ローンなど、すべての出費は主人の収入でやりくりしなければなりません。

だから子供ができる前に浪費癖をなんとかしようと思っていたところ、ショッピングモールの保険相談窓口が目につきました。

私達夫婦は健康だしまだ若いし、保険は不要だという考えだったのですが、結婚情報誌に詳しく特集されていたのを思い出して、ちょっと話だけでも聞いてみようかな?と立ち止まりました。

私は保険に対して全く無知で、何も知らないので、商品の説明ではなく、保険とはどういうものか?という説明をしてもらいました。

私は生命保険について話を聞きながら、人生にはある日突然、家族が亡くなったりすることがあるのです。そういう日のために備えがありますか?というお話でした。

私は楽天的で浪費家ですので、貯金はほとんどありません。もし子供ができてから、夫がなくなったら、私はどうやって生きていくだろう?と考えました。

私は短大を卒業してから幼稚園教諭をしていたので、一般企業に勤めたことはありません。

そんな私が夫の死からすぐに、働くことができるのだろうか?そして子供はどこに預けてどうやって家事と両立すればよいのだろう?私は疑問と不安が入り混じって、このままではいけないと確信しました。

今まで私達夫婦は元気で若いからら、病気や事故にはならないから、保険に入って掛け捨てするくらいなら、貯金して車を買い替えたり、家族で旅行に行くなどして使いたいという考えでした。

カウンセラーの説明によると、保険と一言に言っても様々な商品があることを知りました。私はカウンセラーの話を聞く前は、保険はすべて掛け捨てで、どうせ掛け捨ててしまうんだったら、貯金したほうが良いのでは?という考えでした。

すると、カウンセラーの方が、若い夫婦に選ばれている保険のタイプがあると教えてくれました。

普通、生命保険は夫がなくなると、残された家族に、定期保険金が一回で支払われますが、そうではなくて、毎月のお給料のように支払われる家計保障定期保険があるというのです。

私は生命保険は一回で支払われるものしか知りませんでした。

家計保障定期保険があるとは知らなかったのですが、私達のような結婚したばかりの夫婦や子供がまだ小さい夫婦には、こちらのほうが選ばれていると教えてくれました。

確かに考えてみると、人生は常にお金が必要で、いくら何千万円といったまとまったお金が振り込まれても、それは数年で使い果たしてしまうとわかりました。

子供が大学生になって社会人になるまでに、親が教育費を払うわけだし、住宅も続きます。

だからもし夫がなくなって、収入が途絶えたら、子供が大学を卒業するまでの月々のお金をなんとかして確保する必要があるとわかりました。

そう考えたときに、私は家計保障定期保険は一つの選択肢になるな、と思ったのです。

人間は贅沢をしなくても、食べていかなくては行けないので、毎月のお給料は必要なのです。特に子供が大学を卒業するまでは必要です。

私は保険のカウンセラーさんの話がわかりやすかったので、難しい印象だった保険がとても身近に感じることができました。

今までテレビで保険のコマーシャルを見ても、なんとなく掛け捨てで健康で若い人にとって無駄なイメージだったのですが、実は若い人ほど、よく考えるべきだと実感しました。

若い夫婦は体が元気でも、子供達の教育費は年々上がって行くために、生活費も自然と上がって行きます。

現役で働いている若い夫婦こそ、子供達のために、毎月の安定した収入を考えるべきなのです。

私は今まで、若くて元気だったら何でも乗り越えられるという無知な考えでしたが、それは、いざというときに、子供を苦しめることになります。

そうならないためにも、私たち夫婦は子供を授かる前に、生命保険について真面目に考えてみることにしました。




スポンサーサイト

「突然始まった義理母の介護生活から学んだこと」

かけいを守る保険
04 /03 2017
「突然始まった義理母の介護生活から学んだこと」
私は32歳の主婦です。夫は35歳で会社員です。子供は2歳の息子がいます。

収入は主人のお給料約35万円です。子供がまだ小さいので、私は家で子育て中心の生活をしています。副業でライティングの仕事をしていますが、月に5万円くらいです。

よって我が家は月40万円で家計をやりくりしています。将来に向けて、子供の養育費と住宅ローンのほかは、なるべく貯蓄しようと心がけています。

そんなある日、我が家に一本の電話がありました。昼間に家にかかってくるのは、ほとんど勧誘の話がなので、面倒だと思いながら出ると、義理母からでした。

義理父が心臓発作で倒れたということでした。私はびっくりして、すぐ病院に向かいました。

義理父は仕事中に心肺停止で搬送され、人工心肺、人工呼吸器、低体温療法、輸液、輸血、点滴をされ2週間後にやっと意識回復が回復しました。

私の夫は元気が取り柄の父親が心肺停止になるなんて信じられない様子でした。

義理父は、いつも元気にゴルフをしていて冗談をいう明るい人だったので、まさに信じられない出来事でした。

30日間集中治療室にいて一般病棟に10日間の計40日で退院しました。

心肺停止になった原因は、冠動脈が痙攣し重篤な心筋梗塞を発症し心室細動を起こし心源性ショックを起こし心肺停止になったと言われました。

義理父は3年前に定年して、ゴルフや旅行を楽しんで、第二の人生を送り始めたばかりだったので、気の毒で仕方ありませんでした。

義理父が退院してから、こんどお母さんの介護生活がはじまりました。

今まで元気だった義理父は心臓の筋肉が酸素不足になって苦しくなるようで、発作的に起こる狭心症です。

義理母は毎日のお買い物、病院の通院、家事など身の回りのすべてをすることになりました。

私はその様子を見ながら、私も将来主人が倒れたりしたら、介護をしながら生活できるだろうか?と考えました。

その時もし子供がまだ小学生だったり高校生だったりしたら、介護ができるだろうか?そして最大の問題は家計のこと。

主人が亡くなったら、私は仕事をしなければなりません。今まで仕事をしなかった私が40代くらいから始められる仕事とはなんだろう?きっと採用される仕事はほとんどないのが現状です。

私は義理母の介護生活を見ながら、自分の将来について考え始めました。

するとある日、義理母とお昼ごはんを食べているときに、生命保険の話になりました。
 
まだあなた達夫婦は若くて、健康だけれども、人生は何があるのかわからないのよ、と話し始めました。

今回お父さんが、倒れたのも、医療保険に入っていたから、かなり救われたという話でした。

義理母は60代ですから、働くことは難しいです。さらに家では介護をしなければなりませんから、お金の面は医療保険にかなり助けられたから、あなた達夫婦も早めに考えなさい、という話でした。

私達夫婦は確かにまだ子供が2歳ということもあり、子供の幼稚園や小学校などちょっと先の将来についてしか考えていませんでした。

しかし義理母の言うとおりで、人生は本当に何があるかわかりません。

最近までゴルフをしていた元気な義理父も突然倒れたのですから、身近にこういったことが起きると、我が身に降り掛かったときのことを考え始めるようになりました。

私も主人も保険について全く知識がなかったので、本屋で保険についての雑誌を買って、主人と一緒に勉強を始めました。

すると私は今までの保険の考えす方がガラリと変わりました。

なぜなら、生命保険とは高いのに掛け捨ててで、健康な人にとっては無駄なものだと思っていたからです。

しかし調べてみると、夫が死亡した場合、残された家族に何千万円というまとまったお金が入る定期保険の他に、毎月のお給料のような形で、お金が振り込まれるという保険があることを知りました。

それは家計保障定期保険というものでした。人生は定期的に毎月のお金が必要であるという考えのもとある保険です。私はその考え方にすごく共感を持ちました。

もしこれから先、子供が小学生から大学生の間に主人が亡くなったら、私は確実に毎月の収入を確保ことができません。

夫はいま月に35万円の給料ですが、私は絶対に35万円の給料のお仕事に就くことはできません。年齢的にもそうだし、資格も何もないので、パートに頼るしかありません。

私がパートに就いても、住宅ローンや生活費はとてもじゃないけど払っていけません。

私は今回義理父が倒れてから学びました。

そしていざ主人が倒れても、生命保険があるし、また家計保障定期保険なので毎月のお金がお給料のように振り込まれるので、安心して生活できます。

もちろん病気になったことなど考えたくない人の方が多いです。

でも人間は生きているだけでお金という問題と向かい合っています。そして病気になったらお金の問題は大きくなって直面します。

手遅れになる前に、みなさんももしものことを考えてみる必要があります。

生命保険は決して安心料だけでなく、あなたの将来の生活を保障する大きな存在となることに気付くはずです。



家計を守る生命保険

かけいを守る保険
03 /25 2017

「結婚後に変わった私の価値観」


私は愛知県在住の27歳です。今年結婚したばかりで、同い年の夫と二人暮らしです。私は結婚後も正社員として働いているので、共働きです。

分譲マンションを購入したので、子供が出来る前に、多くの貯蓄をしたいと思って頑張っています。

私は健康的な生活をしていると自分に自信があったので、独身時代は保険に加入しませんでした。

しかし結婚をきっかけに、結婚情報誌を見ていると、みんないざというときの保険は大事だと見たので、影響されて、様々な保険について考えるようになりました。

その理由のひとつに私も主人もがん家系であることです。

親戚や周りの人から聞いた話では、がんは突然やってくると言います。

私も主人もがん検診は毎年受けてはいますが、やはりいつかがんになるのではという不安な気持ちで生きています。

最近では小林麻央さんの連日のニュースがとても他人事だとは思えません。

結婚式のときはあんなに健康的だったのに、やはりがんは怖いです。

がんが怖いのは、死に直面するということ以外に、闘病生活が始まることです。

闘病生活はかなりのお金がかかり、大変な出費だと聞きます。

がんになると、入院費や治療費だけでなく、保険適用外の治療費やお見舞いの交通費や備品なども本当にキリがないと聞きます。

現実問題にがんになると、お金の問題が、一番大きいとわかりました。

だから私も主人も結婚してから、いざというときのがん保険に加入することにしました。

がん保険に入っていれば、100%安心という訳ではありませんが、少しは気持ちに余裕が生まれました。

まずは若いうちから、健康的な食生活や日頃から運動することを心がけて生活しています。なるべくがんにならないための健康法を夫婦二人で勉強中です。

がんはなる前に防げると私は信じていますか、それでもがんになってしまうこともあるのです。それはがんを体験した人からよく聞きます。

私たちはこれから子供を授かりたいと思っていますし、子供の教育費や住宅ローンや車のローンなどわかっている出費だけでも、かなりの額になります。

私たちの将来の計画がうまく行くためにははやり、健康な体で仕事をして、家族を守ることだと思っています。

まだ夫婦二人ですが、どちらかが入院して体を崩すと、家庭と仕事の両立をすべてひとりですることになるので、大変になります。子供がいる家庭はなおさらです。

だから、私たちは子供が出来る前に、なるべくお金で困らないように安全な計画をしたいと思っています。

私は独身時代は自分中心に生活していたので、自分さえ体調管理して、病気と事故に合わなければ、生きていけるし、誰にも迷惑はかけないと思って生きていました。

しかし結婚してからは、家族という単位ですべてを考えるので、お金の使い方も変わりました。

いままではオンラインショップでファッションに多くのお金を使っていましたが、今はスポーツジムに行って汗を流すほうが気持ちよくて充実しています。

体力があると、風を引きにくくなるので病気になりにくいと信じて頑張っています。

人生は何があるのかわからないので、いつか私か主人ががんになる日がくるかもしれません。

しかし保険があることで、お金の心配は軽減されます。これで住宅ローンと車のローンは払い続けられるし、生活費に困ることはないです。

しかしがんになると確実に収入は減ることになるので、貯蓄はあればあるほど安心だと思います。

がん保険に入るか入らないから、意見が別れることろですが、入らない人はいつも保険に入るよりも貯蓄したほうが良いと言いますが、私はそれは誤った考えだと思っています。

なぜなら、がんになると、かかる出費は入院費と治療費だけではないからです。他にも出費があるので、ちょっとした貯蓄でカバーできるものではないのです。

もし簡単に貯蓄で闘病生活が出来るのなら、この世の中にがん保険は存在しないでしょう。だから私はいざというときのがん保険に入って、人生を保障してもらう気持ちで満足しています。

だからがん保険と貯蓄は比べるとのではないのです。もちろん貯蓄は大事です。ただ貯蓄だけではがん保険はカバーできないと私は知っています。

だからこれからも私達夫婦はがん保険に加入して、将来設計を立てていきます。

保険料は安心料だけだからもったいないという意見もありますが、それは絶対にがんにならないという観点から言っている意見です。

誰も自分ががんになると、前もってわかっている人はいません。

がんになり、闘病生活が始まることは突然やってくるのです。

それでも100%がんにならない自信がありますか?という話なのです。

私の周りにも20代のうちからがん保険に入る人と全く無駄と考えずに、貯蓄、貯蓄という人に分かれます。

私は独身時代は後者の考えでした。しかし結婚してからその考えは変わりました。

もしあなたが大切な人と一緒に生活しているのなら、あなたの命はあなたのものだけではないのです。

もしあなたやあなたの家族ががんになると、考えるだけでも、悲しくなるでしょう。

だからがん保険について考えるより、自分や家族の命について考えてみてください。


家族が幸せに暮らすための生命保険の入り方

かけいを守る保険
03 /25 2017
「家族が幸せに暮らすために加入した生命保険」


私は26歳の主婦です。今年結婚したばかりです。28歳の主人と二人暮らしです。

私は結婚を機に5年間勤めた会社を退職して主婦になりました。できれば家計のために仕事をしたいなと考えていますが、子供は絶対に2人は欲しいねと主人と話しているので、しばらくは専業主婦になりそうです。

いま妊活中ですが、最近、家にいる間は、家計の勉強をすることにしています。なぜなら家計ことは学校でも習わないし、自分で勉強しないとわからないからです。

私達夫婦は子供は2人は欲しいので、家族4人が暮らしていくのは、将来どれくらいのお金がかかって、教育費、住宅ローン、生活費など色々雑誌や本で勉強しています。

そこで結婚情報誌に保険についての特集がありました。独身時代の私はもちろん計画性がなく、保険には加入していませんでしたが、今後子供が生まれて、私が財布の紐を握って、一家が安全に暮らすために、保険は絶対に考えなければいけないと思いました。

ある日、晩御飯を食べながら、主人と保険について話しました。すると主人はまだ俺たちは若いし元気なんだから、保険料にお金を使うんだったら、もっと楽しいことや他のことに使ったほうが良い、と言いました。

私も独身時代はそう思っていましたが、雑誌に載っていた保険加入者の体験談を見て、私は考えが変わりました。

多くの人は私達と同じように若いからまだまだ保険はいらないと思っていたけど、友人の保険レディに勧められて試しに入り、その後に病気で倒れて、保険が非常に助かったという話でした。

私は自分の身に置き換えて考えてみました。もしいま主人が倒れたら、私が介護することになり、そのときに子供が小さかったら、今後どうやって生きていくだろうか?と。

人生は生きているだけでもお金がかかります。食べるためや寝るために、住宅ローンや生活費、また子供の教育費は削ることができないものです。私は仕事をしていないので、もし主人が倒れたら、収入がピタッと止まることになります。

人生は楽しいことだけではないこと。不幸は突然やってくること。

私は雑誌の保険加入者体験談を読んで本当にそう思いました。

そしてお金の問題は元気なときに考えて準備する必要があるということです。

夫が倒れてからあわてても、その時はもう遅いのです。

人間は生きているだけでお金がかかります。まして、子供が小さいと、教育費など避けられないお金が必要です。

それが払えなくなった途端に、人生が止まってしまうのです。住宅ローンは誰か払いますか?生活費はどうやって稼いでいくのですか?

夫に頼るだけの人生はあまりにも甘い考えなのです。今は健康だから、夫が倒れたことなど考えたくないかもしれませんが、病気は突然やってくることを私はこの目で見て、実感しています。

主人は生命保険に入ることをはじめは躊躇しましたが、そのうち生命保険の大切さを実感してくれるようになりました。

そして二人で色々調べて、将来の備えのために、生命保険に加入しました。

私たちは生命保険に加入したことで、安心感だけでなく、責任感も強くなりました。

なぜなら、生命保険に入る前より私はお金の資金について詳しくなったし、病気にならないように、より健康的な生活を心がけています。

休みの日は家族みんなで公園で体を動かしたり、野菜生活の和食中心にして、焼肉やステーキなどのお肉を減らしたり、健康的な生活を送っています。

もちろん生命保険に入っていても、これから先、健康的な生活は我が家のモットーです。

私はもし独身時代だったら、なかなか生命保険のことまで考える余裕がなかったと思います。現に独身時代は好きなようにお金を使って先のことは考えませんでした。

しかし今は家族があります。将来は子供を授かりたいと思っています。

そのために私達夫婦はまず健康であり、仕事を頑張ることが何よりも大切だと思っています。

そして健康的な食生活と運動は常に忘れずにいたいです。

生命保険に入ったことで、努力が無駄にならないように後押ししてくれるような気持ちになっています。

もし私達が、生命保険に加入しなかったら、夫がなくなった途端に収入が止まり、社会との接点もなくなります。そして年齢的にも私は仕事を見つけられない状態になります。

そんな状態でどうやって子供達を育てられるでしょうか?

若いからまだまだ大丈夫というのは、根拠のない自信だと、私は思います。人の死は年齢関係なく訪れます。

人間は楽しいことだけ考えたいのが本能だと思います。

もし病気になったら?死んだら?など一番考えたくないことかもしれません。でも、生きている限り、そういった日が訪れる日が来るのです。早かれ遅かれ来るわけです。それが子供が小さなときだったら、家計にダメージとなります。

もしあなたが保険は掛け捨てだから無駄遣いと思っていたら、それは勘違いだと思ってください。

保険は安心するための単なるお守りではないのです。いざあなたの配偶者が亡くなり、あなたは取り残されてしまったら、生活費はどうやって賄っていきますか?

よっぽどのお金持ちではない限り、お金にあり余っている人はいないはずです。

誰にでも当然の不幸はやってくるということを、現実味を持って考えてみることも、大事です。

幸せに生きていくために、不幸が訪れたときの準備をする必要があるのです。

私は雑誌や本で保険について学び、よく調べて生命保険に加入したばかりですが、早めに備えて後悔はありません。


家族をまもる保険

かけいを守る保険
03 /25 2017
「何よりも大事な家族を守るために必要なこと」

私は42歳の主婦です。昼間は家の近くのスーパーマーケットでレジのパートをしています。家族は会社員の夫と小学一年生の娘が一人います。

先日、パート仲間から子宮頸がんセミナーに誘われて、勉強のために行ってきました。地元の市民会館で行われた子宮頸がんのセミナーです。

私はガンについての知識はテレビで見る程度で、もし自分がガンになったら怖いなぁと思いながらも、詳しくはありません。また幸いにも親戚にもガンになった人はいないので、身近な話題ではありません。

会場には様々な年齢層の女性が来ていました。女性は男性よりも臓器が多いのだから、女性はもっとガンについての知っておく必要があるというスローガンのもと、講演会が始まりました。

実際に子宮頸ガンを体験した女性の話はとても心を打たれました。彼女はまだ30代後半にして、結婚3年後に子宮頚ガンになりました。

彼女も親兄弟もガンの家系ではないので、まさか自分がガンになるとは思ってもいなかったと言います。会社の検診で再検査になり、ガンが見つかりました。

私は毎年、乳がんと子宮頸ガンの検査を受けていますが、セミナーの話を聞いて検査を受けることは本当に大切だと思いました。

彼女は会社員でしたが、精密検査のために入退院を繰り返して、結局、会社を退職したそうです。すると収入が減り、また無保険状態になったので、かなり生活が大変になったそうです。

我が家は主人が大黒柱なので、私は夫の扶養に入っています。しかしもし私が突然ガンになったら、娘を家にひとりにすることになる。またもし主人が何らかのガンになって入院ということになれば、毎月の収入が完全に途絶えることになります。

私は今現在、家族3人がみな健康なので、ガンになったことは考えたことはありません。正確に言えば、考えたくないからかもしれません。

娘は塾や習い事があるし、主人も趣味のゴルフがあり、何かと出費が多いです。年に何回かは家族で旅行にも行きたいですし、お金の使い道はつい先のことに使ってばかりの計画をしています。

しかし今回のセミナーの女性のように今まで健康的に働いている人が突然ガンになり、経済的に精神的にも落ち込んだら、どうやって生きていけばよいのか怖くなりました。

その女性はがん保険に入っていなかった為に、かなりの出費と仕事に復帰するまでに時間がかかったそうです。幸いにも初期にガンが見つかったことが、良かったと言っていました。

彼女の話は決して他人事ではありません。彼女もいまの私と同じように、普通に健康的な生活を送っていたのが、ガンによって経済的にダメージと精神的ダメージを受けたのです。

彼女はいざというときのがん保険は全く考えなかったそうです。まさに私の今の考えがそうでした。

お金は教育やレジャーに使って、保険に関しては見てみぬフリをしていました。自分には関係がない、または関係したくない、と思ったからです。

しかし現代の病気でガンは誰にでも起こる病気です。考えないほうが、現実から逃げている事だと思いました。

まずはガンにならないように健康的な食生活と運動を心がけたいですし、どんなに忙しくても睡眠をよく取って、ストレスのない生活を送りたいです。

またいざという時のがん保険は大切な人生を保障するものだとわかりました。保険はガンの治療費だけでなく、普通に生活することを保障してくれるからです。

実際にもし我が家の大黒柱である主人がガンになったら、収入源が私のパート代だけになり、家族が食べていけなくなります。

現に我が家はまだがん保険に入っていないので、いざというときの資金はゼロというわけです。そんな怖いことが自分の身にも起こるかもしれない、と非常に考えさせられたセミナーでした。

私はまだ若い夫婦だから、健康に関することは少しの貯金でカバーできるという甘い考えでいました。しかしこのセミナーの話を聞いて、突然ガンになる可能性は誰にでもあるということ。

そしてガンになったら当たり前の生活ができなくなるということです。すると、自然に保険は人生の優先順位でかなら大事なことだと考え方がかわりました。

私はまだまだガンやがん保険について知識はありませんが、このセミナーががん保険について考えるきっかけになったことは間違いありません。

子宮頸がんのセミナー後、私は家で主人とセミナーの内容について話し合いました。私たちは結婚して7年経ちますが、お互い経済的にあまりに計画性がないために、お金は好きなことに使っています。

でも世の中楽しいことだけでなく、病気や事故など、災難がいつ自分に降りかかるかわからないと考えました。

夫婦のお金の計画性で娘の人生も暗くしてしまったら、親として本当に立ち直れないと思います。私の両親も主人の両親も我が家と離れたところに住んでいるので、頼る人もいません。

私たちは、まだ若い夫婦だから、ガン、病気、事故には合わないと勝手な解釈をしていたように思います。

しかし私はセミナーを聞いて、とてもガンになることがとても身近な話題として、受け入れることができました。

いままではがん保険のコマーシャルをみても、安心料を払うというイメージがありましたが、セミナーの話を聞いてから、もうがん保険は安心料だとは考えません。

大事な家族が普段通りの平和な生活が出来るように、がん保険は必要なんだとすごく考えるようになりましました。


保険のおしごとをするママの声 そのおきゃくさまの声

ほけんのおしごとで生計をたてているシングルマザー 35歳 園児一人をかかえる ぼろアパートくらしからの脱出をゆめみて保険業界へ 収入はすこしずつ上昇中 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。